「広告」のプロになる5つのコツとは?

マーケティングや広告なんて、簡単な仕事だと思っている人も多いと思いますが、広告業界のプロのお給料がかなり高いのには理由があります。もし、広告のトップレベルのエキスパートになりたいのであれば、ぜひ以下の点をおさえておきましょう。

「売れる」ためのノウハウを習得する

商品やサービスを売るためのポジショニングは、広告の中でも最も重要なアクションのひとつです。「売れる」ことは、あらゆるマーケターにとって非常に重要であり、それに慣れていない人は、マーケティング業界の入り口で行き詰まることになります。だからこそ大企業は、消費者から支持を得つづけるために、「売れた」実績のある人材だけを採用しているのです。

人間のコミュニケーション法を理解する

人は大抵、自分はコミュニケーションの取り方を知っている、と考えているものですが、自分が思っているほど上手ではありません。コミュニケーションの形には様々ありますが、マーケティングにおいては、人がどのようにコミュニケーションをとり、関わり合っているかに注目するようにしましょう。

とはいっても、人のコミュニケーションや思考パターンを理解するのに、自分自身が社交的な人である必要はありません。多くの広告のプロは、決して外向的で気立てのいい営業マンタイプではありませんが、人のコミュニケーションの取り方を理解しています。

ライティングスキルを身につける

マーケターとして、基本的なライティングスキルを身につけることは必須になります。文章を書くことは、音声によるコミュニケーションと同じくらい重要です。ですから、上手くまとまったビジネスメールを送ったり、大衆に届ける広告を作ったりするためには、文章の書き方をマスターしてください。広告文を書く際に注目すべき基本ルールは、注意を向けること・関心を持つこと・行動することです。

粘り強くテストする

マーケティング業界に入るとすぐに、ある1つの重要な教訓に気づくでしょう。それは、自分が素晴らしいアイデアを持っていると思っていても、それが他の人に通用するとは限らないということです。これは逆にも言えて、自分が失敗すると思っていても、必ず失敗するとは限りません。

優秀なマーケターは、アイデアの良し悪しを確認するために、「スプリットテスト」を必ず実施します。スプリットテストとは、ネットマーケティングにおいて、複数のアイデアから最適なものを一つ選ぶとき、実際に試行してみて、それぞれの効果を調べることです。

たとえば、ある製品を特定の層に売り込みたい場合、1つの広告を作るだけでなく、15つ以上の広告を作るのです。そして、スプリットテストを実施すれば、何がうまく行ったか、何がうまく行かなかったかが分かり、そこから学び、調整を続けることができます。

ですから、マーケティングのプロになりたければ、アイデアを出してきちんとテストする創造性が必要なのです。

忍耐力を鍛える

人は、あと数週間、あと数回テストすれば成功するというところで、キャンペーンをすぐに断念してしまう傾向があります。キャンペーンを5日間実施しただけでは、エンゲージメントに気づくことはできません。自分のアイデアに自信を持ってテストするなら、「忍耐力」も必要です。集めたデータを慎重に検討し、データがどの程度正確なのか、あるいは誤解を招いていないかを見極めましょう。

マーケティングのプロになるためには、想像以上にいろんなスキルが求められます。しかし、そうしたスキルを身につけることができれば、消費者を理解し、うまくコミュニケーションをとり、アイデアを出し、優れたテストを実施する能力を発揮できるようになるでしょう。