マーケティング代理店を始めたきっかけ

今日、マーケティングがいかに重要であるかは、もう周知の事実ですね。インターネット・マーケティングは、ビジネスでより良い結果と、利益率アップのために必要不可欠です。しかし、私がマーケティング代理店を立ち上げた理由は、それだけではなく、ビジネスの成長を支援したかったためでもあります。

私は以前、マーケティング会社で働いていましたが、そこではほとんど自分の決定力がありませんでした。与えられた仕事をこなすだけで、私のアイデアは大抵聞いてもらえませんでした。そこで私は、会社を辞め、マーケティング代理店を立ち上げることに。長年の経験と新しいアイデアを活かすことで、誰を雇うかや、その人の才能や経験をどう活かすかについて、意見できるようになったのです。

outsourced-marketing-service-1

また、自分の代理店を持ってからは、勤務時間に「柔軟性」が生まれました。私は基本的に1つの勤務形態にこだわることが多いのですが、個人的な理由で勤務時間を変更しなければならないこともよくあります。さらに、リモート勤務が可能となり、働いてくれる従業員を管理し、柔軟に対応できるようになりました。各自で仕事の時間を決めることができ、どこにいてもオンラインで働くことができます。

マーケティング代理店を立ち上げることにした、もうひとつの理由は、個人的に、「マーケティングの仕事やブランド構築をサポートすることが好き」だからです。自分の好きなようにできますし、より多くの業界について理解を深め、その結果、ビジネスに役立つアイデアをより多く探求することができます。たしかに、ある程度決まった戦略や広告方法はありますが、時には既成概念にとらわれず、さまざまなツールを使ってビジネスを成長させるのもいいでしょう。これこそが私の好きなことであり、クライアントも柔軟で多様なアイデアを楽しんでくれるので、一緒に成長することができるのです。

graphic-designer-working-digital-agency-japan

最後に、私が自分の代理店を始めたのは、「より多くの人に機会を創出する」ためです。多くの優れた専門家やマーケティング担当者は、保守的な大手マーケティング代理店では仕事を見つけられず、自分の可能性を発揮できません。だからこそ私は、誰にでもチャンスを与え、新しいアイデアを探求するために、自分の仕事を心から楽しんでいる有能な人たちをサポートしようと決めたのです。